太陽光
設置の際の注意点

太陽光発電を設置する時にはいくつかの注意点があります。ここでは、それについて紹介していきますので、取り付け前に知っておきましょう。参考にして太陽光発電システムを導入してみると良いでしょう。

今後のために

太陽光発電を気軽に利用するためには、家庭に設置することが大切になります。初期費用がかかる場合がありますが、長い目で見ると電気代が大変節約できるため利用者が増えています。

導入費用の減らし方

太陽光発電は間違いなく有用な設備ですが、その設置費用が問題です。ですから、導入費用の減らし方を学ぶことがとても重要なポイントになりますし、それを知れば一般家庭でも十分導入できます。

特徴を知る

太陽

パナソニックの太陽光発電は「HIT]という商品名で販売されています。大きな特徴の一つが発電の効率性です。従来品と比較するとその発電効率は1.4倍です。これは太陽光を逃さず取り込む独自のメカニズムによって生まれています。また、同じ屋根面積なら搭載量が1.3倍なので36平方メートルで年間約1700kwhの差が出ます。しかし、せっかく効率よく太陽光を取り込んでも、それを電気に変える変換効率が悪くては意味がありません。パナソニックのパワーコンディショナは発電効率・変換効率が非常に高くなっています。これは発電量が少ない、雨天時などでも効率を下げることなく変換できるからです。また、従来品よりも35%重量を軽減しているため家への負担も少ないと言えます。

太陽光発電の保証期間は一般的に10年というものが多くなっていますが、パナソニックの太陽光発電は15年間の無償保証となっています。また、モジュール出力は20年保証なので安心して使用できます。また、パナソニックの太陽光発電は自然災害に強いという特徴があります。超大型台風並みの風速毎秒60mでの実験なども行い、その耐久性は実証されていますし、重量を軽くすることで地震時の揺れの軽減にもつながっています。その他、寄棟、切妻、陸屋根など様々な屋根の形状に合わせて施工できます。屋根の種類も和瓦、洋瓦、平板瓦、金属屋根などすべての種類の屋根にも対応しています。また、蓄電池システムなども豊富にラインナップされているので停電時にも対応できるトータルシステムが魅力です。